気を付けたい白髪染め後のシャンプー

いくら天然成分のものを使っても、カラー剤の混合液には化学成分が入っており、多少なりとも髪にダメージがかかる白髪染め。

そんな白髪染めを自宅で行った後のシャンプーは特に気を付けましょう。

白髪染めは、アルカリエキスでキューティクルを開き、髪の内部へとヘアーカラーを浸透させています。

従って、染めた後のシャンプーではそのキューティクルにダメージを与えないように洗髪し、コンディショナーで髪を弱酸性にするのが美髪ヘアー維持に繋がります。

シャンプー前に、薬剤をきちんと落とすために、ぬるま湯で十分すすぎます。

この時、すすぎ湯が透明になるまで洗い流すのがポイント。

ここで流すのが十分でないと、色落ちや髪のダメージの原因となったり、シャンプー時に衣類やタオルへの色移りが発生するので注意!

カラーシャンプーは、カラー剤を無駄に流れ出させないようにしたり、アルカリ性のダメージを除去して髪を弱酸性にするテクニックを備えているので、シャンプーの際は、必ず髪染め専用シャンプーにしましょう。

シャンプーは、最初に手で十分泡立ててから髪につけ、キューティクルを傷めないよう優しくシャンプーを。

薬剤をしっかり落とすためにシャンプーは2回がおすすめです。

シャンプー後は、美髪成分の入ったトリートメントやコンディショナーを使いましょう。

カラー剤の色の持続性を良くし、髪のダメージ具合を抑制する効果があります。

毛染め後は完璧に髪が弱酸性になるには数日間なので、シャンプーもコンディショナーもヘアカラー専用の商品を使う事が大事です。

白髪染め実力ランキング』は、白髪染めに関するよくある質問・回答や、商品口コミ・レビュー・評価を発信しています。